後悔しない結婚相手の見つけ方を伝授【早めの行動が大切】

幸せの掴み方

母が選べば間違いなし

男女

幸せの形は人それぞれだと思います。仕事をすることが生き甲斐の人もいれば、お金を趣味に使い、極めている人もいますよね。そんな多くの幸せの形の中でも、望む人が多いのが結婚でしょう。しかし、結婚平均年齢が年々上昇していく日本で結婚相手を見つけるのは簡単なことではなさそうです。結婚相手を見つけるためには、その見つけ方が重要となるでしょう。結婚というのは当事者だけのことではありません。その親族にも関わってくる大事な事です。結婚相手を見つけるためには、まず、自分が相手に求める絶対に譲れない条件をいくつか書き出してみると良いと思います。その条件は、男女で少し異なるでしょう。昔は女性が男性に求める条件は3高とされていましたが、今はそこまで重視されていません。しかし、収入が安定しているかどうかは女性としては気になるポイントですね。他には性格が合うか、食事の好みが合うのかも重要だと言えます。それに対して男性が女性に求めるものには、性格が合うかを始めとして、自分の仕事を理解してもらえるのか、家事能力があるのかどうかが挙げられます。女性の社会進出により、今では男は外で仕事、女は家で家事という風潮はほとんどありませんが、役割として求められることは多いようです。結婚相手は、互いの人生をより豊かにしてくれる存在であるべきですよね。しかし、なかなか見つからないのが現状です。なかなか合う人がいないな、という人は、見つけ方がずれているのかもしれません。前述したことに加えて積極的に外に出たり、サイトに登録するなど行動的になると良いです。見つけ方にも工夫が必要なのです。正しい結婚相手の見つけ方でパートナーと出会い、人生をより楽しく、明るいものにしていきましょう。

譲れる条件と譲れない条件

考える人

結婚相手の見つけ方には、色々な方法があります。付き合っている恋人がいて、そのままゴールインする人もいれば、出会いを求めて合コンなどに参加する人もいます。そんな中で、最近変わった結婚相手の見つけ方が静かなブームになっています。何と、娘や息子の結婚相手を見つけるために、母親同士が代理お見合いをするというのです。母親同士が、自分の娘や息子の写真を持ち寄って、合同の代理お見合いをするのです。母親に代理でお見合いしてもらって、上手く行くのかという懸念もあります。しかし、結婚相手の見つけ方としては、高い割合で成婚率があるそうです。合同の代理お見合いの後は、母親同士が意気投合した相手の人の娘や息子を互いに紹介するやり方で進められます。母親が見つけてきた相手を気に入らないという事例も多々あります。しかし、代理お見合いをする親の子供たちの多くは30代に入っており、結婚相手に高望みをするという人は滅多にいません。また、イケイケタイプの人も少ないのが特徴です。母親が勧める相手なら会ってみようという人が殆どです。そして、そのまま交際に入って結婚する人も少なくないといいます。母親による代理お見合いは、古くて新しい結婚相手の見つけ方とも思えます。ただ、大事なことは、それぞれのお母さんが、我が子のよき理解者であることです。自分の子供の性格と相手の人の性格を、十分に思いやることも大切です。母親の鋭い人間観察がお見合いを成功させるコツとも考えられます。

結婚相手は自分の人生を左右する存在ですから、安定した収入や職業、年齢などの細かい条件による見つけ方は当然のことです。しかし、この見つけ方を続けると対象者が減っていき、結婚相手の候補がいなくなってしまいます。このような事態を避けるために、希望条件に幅を持たせる見つけ方をしてみましょう。例えば、希望収入が600万円だった場合は500万からにする、希望年齢が35歳の場合は39歳までにしてみるといった幅の持たせ方です。相手の収入は高い方が良いですが、少し下げてみると候補者がグッと増えます。年齢も同じことで、少しだけ年上にすることで対象になる人が増えます。今まで、対象外だった人が結婚相手候補として浮上してきます。どうしても、収入の希望条件を変えられないという場合は、相手の希望身長を少し低くしてみましょう。収入は同じでも3〜4センチ低いだけで、対象外にしていた相手がたくさんいることに気づきます。このような見つけ方で探せば、希望条件に近い結婚相手を選ぶことができます。結婚相手だと思うから力が入りますが、自然に出会って好きになる相手なら身長だけにこだわることは少ないはずです。希望条件の変更に抵抗感がある人もいるでしょう。しかし、希望条件にピッタリ合う人を見つけることはとても難しく、時間や費用もかかります。どうしても譲れない条件と譲っても良い条件を自分なりに決めておくことが大切です。結婚相手とは、長い人生を共にすることを考えて選ぶようにしましょう。